日本人は昔から温泉に入る習慣があり、湯治などの考え方も古くからありました。

旅行に行って食べたことのない料理を味わう
Contents

観光旅行と湯治などの考え方

旅行に行って食べたことのない料理を味わう 日本人は昔から温泉に入る習慣があり、湯治などの考え方も古くからありました。実際それぞれの昔からの湯治場には、難病を克服したという言い伝えや記録があります。とくに精神的なノイローゼなどの病気には湯治で効果が出たという話はよくあります。長い期間緊張して生活をして何日も寝られずに苦しんだ主婦が、湯治場で湯につかったことで、急に熟睡して何日も寝続けた後、急に起きだして食事をして全快したという話もありました。今の日本人の科学的な知識でも、あるだろうなという感じですが、日本の観光旅行は昔から健康を改善するためにもあったということがわかります。

今の日本では、とくに精神的なストレスの改善や癒しに活用できます。温泉も長く入ればよいということでもなく、気分的にちょうど良い期間が効果的です。人により数日とか数時間とかという場合もあります。以前古くからの温泉地で働いた時に、数年間温泉に毎日入っていましたが、最後には入り疲れてしまい、温泉の効果ということでは、長ければよいということでもないなと気がついたこともありました。観光旅行は非日常を体験するということがいちばんの目的だろうとも考えられます。湯治という温泉を楽しむ方法は今でも活用できます。